profile

​一戸 翔太

1986年生まれ

ハンドドリップコーヒー研究家

 20代はグラフィックデザインの仕事をしていたが、突然睡魔に襲われる睡眠障害の病気が判明し、転職を決意。

 

 友人に誘われ、農業の仕事をするつもりで移り住んだ愛知県で、大きな出会いが。

 「丘の上に雰囲気の良い喫茶店があり、そこで飲んだコーヒーに衝撃を受けました」。

 雑味がなく、体にすっと入る一杯。その先のコーヒー人生の原点となる感動的な一杯だった。

 その後、就農の話は頓挫したが、幸運なことにその喫茶店で働けることになり、マスター直々に指導を受けた。

 3年3ヶ月のコーヒー修行を終え、さらに焙煎などの経験を積もうと軽井沢のコーヒー専門店に就職。その後独立した。

​※週刊さくだいら様の記事より